048-578-8181
【受付時間】10:00~18:00【休館日】火・水曜日
  • 文字サイズの変更
資料請求・お問い合わせ
毎日一所懸命!いい家つくり隊日記

埼玉県深谷市を中心にこだわりの注文住宅を建てる株式会社カネコホーム。自然素材と強い構造の注文住宅と安心のリフォームをいたします。

もう12月ですね (^-^)

もう12月ですね (^-^)

こんにちは
カネコホーム大井ですcat


12月に入り、子供の学校行事で「持久走大会」が行われましたsun

ふと、「持久走」ってどう言うことなのか調べてみましたpc


clover辞書によりますと
小・中・高等学校などの体育で行われる陸上競技の一。
長時間または長距離を走るもの。


cloverウィキペディアによりますと

持久走は70%ぐらいの力で5~30分間走ることである。学校現場では全力で走り競争を伴う長距離走と混同されていることが多い。長い距離を走ることは文科省の学習指導要領(小学校)では長距離走ではなく持久走として扱うこととしている。

日本の小・中・高等学校ではしばしば持久走大会(もしくはマラソン大会)が行われる。多くの学校では、秋から冬に「耐寒訓練」として行われ、大会の前には朝の授業前、休憩時間や放課後に練習を行ったり、体育の授業でも持久走を行い、タイムを計測する(コースの下見のみでタイムを計測しないところもある)。また、学校によっては運動会(体育祭)で行うところや、学期ごとに行う(年2回または3回)ところもある。

距離は小学校の場合400メートルから2キロメートル程度で、学年に応じて距離が長くなる。中学・高校では学年や性別によって異なるが、2キロメートルから10キロメートルぐらいが一般的である。また持久走大会ではなく強歩大会が行なわれている学校もある。多くの学校では、コースは学校外の道路だが、一部の学校では学校のグラウンドを使うところもある。



それから、なぜ寒い時期に走るのかsign02

調べてみると、冬場に行われるのは、健康面に配慮したもので「脱水症状の対策」と「免疫力の向上」だそうです。

暑い時期は外温の方が汗に影響しやすく、冬場の半分程度の運動でも脱水症状を招くと言われて、比較的緩やかな運動であるマラソンで、最も多い障害が脱水との事です。

そのため気温の低い冬場に行われることが多いのだそうですconfident